介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは(特養と老健の違い)

介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設の特徴

介護老人保健施設は、医学的管理の下、看護・介護といったケアや作業療法士・理学療法士等によるリハビリテーション、栄養管理・食事などの日常サービスまで併せて提供する施設です。病院から在宅復帰までの中間施設として機能回復の役割を担い、自立支援による在宅復帰をサポートしています。

病院から在宅復帰までの「中間施設」

従業員の特色

医師、看護師、管理栄養士、介護士、作業療法士、理学療法士(舞風台には言語聴覚士、音楽療法士、歯科衛生士も配置しております)、介護支援専門員、支援相談員を配置し、それぞれが専門性を活かしながら、目標に向かって協働での支援を行い、在宅復帰を目指しています。

従業員の特色

利用者の特色

要介護1~要介護5までの方で、病状が安定しており、病院での治療や入院の必要はないが、リハビリテーションや介護、看護などを必要とする方が入所されています。

利用者の特色

特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)の違い・比較

一般的に「老人ホーム」「特養」と言われている特別養護老人ホームと介護老人保健施設(老健)は、ここが違います!!

  • ・特養と老健とは、施設の目的が違う。
  • ・老健には医師が常駐し、看護師の配置も多く、医療ケアの必要性が多い方でも入所が可能。
  • ・老健には専門のリハスタッフが配置されており、マンツーマンでのリハビリテーションを受けることが可能。

詳しくは、下記、比較表をご覧下さい。

その中でも舞風台は協力病院である姫野病院とカルテの共有を図り、医療面でも細かなサポートに努めています。また、他の施設に比べ、リハスタッフの配置も多く、職種が多様であることも特徴です。リハスタッフによるリハビリテーション以外でも、介護スタッフによる「生活リハビリ」の実践にも取り組んでいます。

■特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違い(比較表)
  特別養護老人ホーム 介護老人保健施設
施設の目的 終の棲家、生活拠点の場 在宅復帰が目的
特徴 住居として、生活拠点・終の棲家として利用し、穏やかに生活を送ることができる。 介護職員などによる身体介護、医師や看護師による医学管理下でのケア、理学療法士、作業療法士などによるリハビリテーションを受けることができる。
医療の体制 常勤する医師をおくという規定が無いため嘱託医が診療に当たる。 常勤の医師による診療や投薬が行われる。
看護の体制 入所者100人に対して3人以上配置 入所者100人に対して10名以上配置
リハビリの体制 機能訓練指導員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、按摩マッサージ指圧師)を1人以上配置することが必要 理学療法士、作業療法士が在籍し、機能訓練を行う
介護の体制 介護士が24時間体勢でケアを行う 介護士が24時間体勢でケアを行う
入所期間 最期まで入所生活可能

3ヶ月程度

※退所後は通所(デイケア)利用も可

入所形態 終身に渡り生活の場としての入所が可能 リハビリテーションにより家庭復帰を目指す一時的な入所