舞風台の取り組み(生活リハ)

舞風台の取り組み(生活リハビリ)

舞風台では、利用者様が1日も早く在宅復帰できるよう、自立支援介護「生活リハビリ」を実践しています。

介護老人保健施設 舞風台では、身体機能の回復を目的とした専門のリハビリテーションだけでなく、ご自宅に戻られて、通常の生活をお過ごしいただくために、人間生理学に基づいた「生活リハビリ」を実践しています。

生活リハビリとは

生活リハビリとは、

従来の医療機関を中心とした「治療・リハビリテーション」によって身体機能を回復させ、日常の生活に戻っていただくという考え方ではなく、「日常の生活行為」そのものが身体機能を回復させ、自立した日常生活を送るためのリハビリテーションという考え方に基づいた新しい介護です。

自立した実生活へ戻るために、適切な支援(過剰でもなく、不足することもない)を行うのが生活リハビリです。

元気の素 介護総合研究所 上野先生の定期指導のもと、人間工学や生理学に基づいた介護の考え方や理論、そしてそれを実現していくための技術を学んでいます。 またファンレストテーブルや個浴、アクアムーブといった、もの(道具)の正しい使い方を学び、利用者への動作指導を行うことにより、生活の基本となる食事・排泄・入浴等が一人で行えるよう支援しています。

舞風台にける生活リハビリへの取り組み

トイレ・入浴の介護デモンストレーション

スタッフによる生活リハビリテーションの介護デモンストレーションを動画でご覧いただくことができます。

ファンレストテーブル

麻痺や筋力低下により、排泄の一連の動作(立位・移乗・ズボンの上げ下げ)を一人で行うことが難しくなり、最終的にはバランスを崩し、転倒、骨折といった事故のリスクが高くなります。
ファンレストテーブルはテーブル面に身体を預けることができる為、一人で安全に排泄を行うことができます。
介助が必要な利用者も、動作指導や軽介助を行うことにより残存機能を最大限に発揮できることから、介護者も負担なく楽に介助を行うことができます。 排泄中も安定した座位姿勢(前屈み)を保てる為、安全確認後、介護者は離れることができ、利用者にとってもプライバシーは守られ、またリラックスできる環境で排泄を促進することが出来ます。

アクアムーブ

個浴とアクアムーブの組み合わせ、介護者による動作指導により、麻痺がある利用者でも、浴槽への跨ぎが楽に行え、今まで自宅で入っていたような、ふつうのお風呂に入って頂いています。
マンツーマン(1対1)の対応である為、事故予防やプライバシーの保護にもなります。
また、介護者としても慌てることなく、利用者のペースに合わせ、ゆっくりコミュニケーションを図りながら安心して入浴介助を行うことが出来ます。

高さを調整できるテーブルと椅子

利用者一人ひとりの座高や足の長さを測定し、個々に合ったテーブルや椅子を選定します。
車椅子の利用者も、移動以外は身体に合った椅子に座ることにより、正しい姿勢で生活して頂いています。
食事に関しても、前傾姿勢が保たれ、食べこぼしが減ったり、誤嚥や肺炎の予防にも繋がっています。